スパイウェアの定義に結論

スパイウェアの定義に結論、対策団体が発表 (Japan.Internet.com) - goo ニュース
団体 Anti-Spyware Coalitionのサイトの内容を翻訳の王さまで訳すとこうだ。

****************************************************************************
{Spywareは、インターネットに面する最も差し迫っている脅威の1つへのオンラインのやっかいな事から速く進化しました。ユーザーが彼(それ)らのコンピュータの管理を維持するために奮闘するので、彼(それ)らが削除された後に、多くは、予告なしに彼(それ)ら自身をインストールするプログラムに対して周期的な戦いで彼(それ)ら自身が罠にかけられていたのを見つけて、危ないセキュリティ・ホールをオープンしてそして彼(それ)ら自身を再度インストールします。これらのプログラムで最悪なもの(人)は、意のままにオンラインの犯罪者にユーザーの敏感なパーソナル・インフォメーションをハイジャックすることを可能にします。最も親切な異形さえも、彼(それ)らの加工している必要とされない「サービス」を提供する力を無駄に使うことによって這うことへのコンピュータを遅くすることができます。疑わないユーザーのコンピュータで彼(それ)らのプログラムをインストールするために、問題を混合することは、spyware開発者が使う洗練されている策略です。Spywareディストリビューターは、彼(それ)らの必要とされない有料荷重を広げるために、しばしば、セキュリティ・ホール、利発な流用、不透明な「バンドリング」アレンジメント、および他の嫌な味がする練習に頼ります。これらの必要とされないプログラム、および彼(それ)らの悪影響に対して、脅威が成長したので、調整されたディフェンスをマウントする必要もそうです。
spyware問題と戦うためにテクノロジー業界がすでに作ったすばらしい一歩に基礎を置くことによって、そのディフェンスを支えるために、反Spywareの連立は、召集されました。近年、コンピュータ、およびソフトウェアで、メーカーは、重大なステップかけて彼(それ)らの製品を保護して、spywareへの降っている犠牲者を避ける方法について消費者を教育しました。同時に、強い、また成長している反spyware業界は、消費者が彼(それ)らの必要とされないテクノロジーのコンピュータを識別して清めるのを手伝うために、整然としたツールを作り出しました。反Spywareの連立は、パブリック・インタレスト・グループ、商業組合および最も目だっている反spywareの会社、および彼(それ)らのディストリビューターで構成されています。そのメンバーシップの一体化された専門的知識をはいて、連立は、それらのツールが彼(それ)らを防御するために働く反spywareのテクノロジーの有効を改良して消費者がよりよく理解するのを手伝うだろう一般的な定義、ツール、および練習を識別するために、働いています。以下のドキュメントは、そのプロセスの最初の段階の完了を表します。ベンダー、ソフトウェア開発者、および消費者が増加が関わるどのような種類のテクノロジー、そしてどのように反spywareのプログラムが潜在的に必要とされないプログラムを識別するかについてよりよく伝えることができたように、連立与党の議員は、spywareおよび他の潜在的に必要とされないテクノロジーの一般的な定義を確立することを不可欠だと感じました。以下を(で)含みますそうです:
A、連立がそこに(そうすることを)使う期間がテクノロジーの立派な飾り付けを定義するSpywareおよび他の潜在的に必要とされないテクノロジーのシンプルな、フォーマルな定義その犯すかもしれませんuser’sコンピューティング経験、プライバシー、あるいはセキュリティー。
条件にはっきりした定義を提供する包括的な用語解説は、spywareおよび他の潜在的に必要とされないテクノロジーについてディスカッションで一般に使いました。
一般的な産業ガイドラインのセットのためにそのベンダー論争解像度プロセス。このドキュメントは、「spyware」として彼(それ)らのソフトウェアが不適当に旗を立てられたと断言するソフトウェア出版社から不平へ答えて反spywareの会社が取り込むべきステップの概略を述べます。
最後に、反Spywareの安全チップは、保護する(べき)消費者自身、および彼(それ)らのコンピュータに基礎的なガイダンスを提供します。
これらのドキュメントは、反Spywareの連立の進行中の努力の基礎として供給するだろうドラフトを働かせています。彼(それ)らは、連立の進行中の、また未来の仕事のために創立を横たわりました。新しい問題は識別されます、そして、我々の理解が深くなるので、ドキュメントは進化するでしょう。進むので、我々は、すべての我々の公共のドキュメントで公のインプットを招き続けます。

About the AntiSpyware Coalition
AntiSpyware連立について
ASCは、spywareおよび他の潜在的に必要とされないテクノロジーを取り巻く討論で定義、および最もよい練習についての一致を構築することに専念するグループです。反spywareのソフトウェア会社、教育機関、および消費者団体から成り立っていて、ASCは、コントロールしているspyware、および他の潜在的に必要とされないテクノロジーの問題で展望のさまざまのアレイを一堂に集めることを模索します。

Spywareおよび他の潜在的に必要とされないテクノロジー
適当なユーザー同意なしで配備しておよび/またはユーザーを損じる道で実行されたテクノロジーは、対して管理をします:
彼(それ)らのユーザー経験、プライバシー、に影響を及ぼす物質の変更、あるいはシステム・セキュリティー;
プログラムが彼(それ)らのコンピュータでインストールされるものを含む彼(それ)らのシステム資源の使用;および/または
彼(それ)らのパーソナルあるいは他の敏感なインフォメーションのコレクション、使用、およびディストリビューション。


Spywareの例、および潜在的に必要とされないテクノロジー
以下のテーブルは、コンピュータ・ユーザーを害を加えるかまたは苛立たせるために使われたいくつかのテクノロジーを列挙します。適切な通知でそれを述べて、同意して、そして同じテクノロジーが重要な利益を提供することができるいくらかのこれらをコントロールすることは、重要です:トラッキングは、個人化に利用されることができます、広告ディスプレイは、製品、あるいはサービスの費用に補助金を与えることができます、監視しているツールは、両親が安全であってオンラインの彼(それ)らのこどもを養うのを手伝うことができます、そして、リモートコントロール特徴は、サポート・プロフェッショナルに遠く離れて問題を診断することを可能にすることができます。
例えば、keyloggerを可能にする下に横たわるテクノロジーは、ソフトウェアを追跡しています。追跡しているソフトウェアは、ユーザーを害を加えてかつ手伝うことができます。keyloggerが隠れてインストールして実行されるときに、それはスパイをしています。他方では、keyloggerは、問題診断でITヘルプデスクに遠く離れてユーザーを手伝わせることといった、はっきりした同意をもつ合法的な目的に利用されることができます。それが--または活動的に害を加えます--認可されているユーザーにいかなる利益も与えない道で実行されるときに、下に横たわるテクノロジーは一般的に必要とされなくなります。}
**********************************************************************

今までソフト会社でまちまちだったスパイウエアの定義が決まった。
しかしウイルスより金が絡む問題だけに駆除も難しい。
いまだ未発見のスパイウエアがあると考えた方が正しい。
対策の見つからないスパイウエアも10件に3件くらいぶち当たる。
つまり可也アンチスパイウエアの方が立ち遅れているのが現状。
全力で Anti-Spyware Coalitionがスパイウエア駆除方法を発達させる事が急務ではないだろうか。



スパイウェアの定義に結論、対策団体が発表 (Japan.Internet.com) -
スパイウェア対策の導入がなぜ困難か (Japan.Internet.com) -
[PR]
by mrno | 2005-10-31 17:03 | ウイルス
<< Not-A-Virus.Bad... 朝まで歌つるべ >>